オススメ記事

メモ魔がすすめる、おすすめメモグッズ。

こんにちは、うさみしんごです。

 

 

突然ですが、私はメモ魔です。

 

 

毎週1本ボールペンを使い切り。

年間1,000枚以上のA4コピー用紙を消費します。

 

 

考えてメモ、ではなくメモの上で考える感じです。

 

 

今回はそんなメモ魔がメモの捗りグッズを紹介します。



A4コピー用紙&綴り紐

個人的には最高のコンビです。

 

理由は雑に扱えるから。

 

 

メモを取る時に1番の敵になるのは迷いです。

例えばノートにメモをするとき。

 

  • 「このノートはこういうテーマのノートだっけ」
  • 「後から続きを書きたくなったらスペースが足りない」
  • 「ノートに書くと整っていないとなんか嫌」

とか思ったことはないですか?

 

 

あれ、私だけですかね?

まぁ、いいや。

 

 

メモを取るときはどんなことでも気兼ねなく。

思いついた時に気楽に。

 

広げたいときに好きなだけ。

 

 

と、制限なく、無駄になるのも気にせずに展開できた方がアイデアは広がります。

そして、思考も深く、広くしていけます。

 

 

だから、どんなに雑に扱っても気にならない程度には安価で。

それでいて、それなりの書き心地のある質感で。

気分を乗せてくれるまっさらな白さを持つ。

 

 

そんなA4コピー用紙がおすすめです。

 

ノート術を進める人にはA3ノートをおすすめしている人もいます。

 

広くノートを取れるからです。

 

 

A4コピー用紙ならセロテープで2枚繋げればもっと広くスペースを取れます。

 

 

3枚、4枚とお経のように展開していくこともできます。

 

 

で。

 

ひとつのテーマで続きを書いていきたくなったら穴あけパンチで穴を開けて綴り紐で綴ればOKです。

 

ノート、ルーズリーフ、手帳にメモ帳。

 

あれこれ試してみてA4コピー用紙&綴り紐が個人的にはお勧めです。





HI-TEC-C COLETO



13年程愛用しているボールペンです。

 

 

大学受験の頃は単色HI-TECでしたが、その頃から毎週1本以上のペースで使い続けているので、600〜700本以上使っていると思います。

 

挿入する芯が選べます。

 

個人的には1,000円のボディに0.3mmのシャーペン、赤、青、黒が今のところのベストです。



ボディはブラウン、全く同じものをスペアと合わせて2本。

 

替え芯は黒を5本以上、青は2本、赤は1本必ず持つようにしています。

 

 

ジェットストリーム

一応、スペアで持っているのがジェットストリームの3色ペン。



書き心地が良いので、一応何かあったとき用に持ってます。

 

 

「おまえ、何本ボールペンのスペア持ってるんだよ」と思いましたか?

常に4本ボールペンを持ち歩いてます。

ハッタリ用ボールペン

気楽に使える、という理由で安く買えるボールペンを愛用しています。

 

 

例外として持っているのがウォーターマン。

 

妻からのプレゼントなのですが、転職の面接や気合を入れたい商談の時などに使ってます。

 

 

「ペンにまで気を使ってるんだぞ」というハッタリ用です。

 

 

相手からは気づかれませんが、ちょっとイキれるので態度が安定する気がします。

 

 

気がするだけかもしれません。

メモ付箋

メモの取れるサイズの付箋は3M一択。



100均やカイ○ズでもっと安いのもあるのですが、書き心地と張り付け感はやはり3Mが良い。

 

 

これくらいの値段差なら書き心地の方が気になるので、3Mを使っています。

 

 

1番使うのは薄い緑、次に青、次いで黄色の順です。

 

ルーズリーフ

コクヨのさらさらかけるタイプの罫線5mm

 


罫線って細かろうが、太かろうが違和感なく1行は1行としてつかうのが人間です(私調べ)

細い方が多くのことを書き出せるので5mm罫線を使っています。

 

 

ちなみに使い分けはプライベートはコピー用紙メイン、仕事はルーズリーフのみです。

 

客先で流石にコピー用紙は気が引けるのです。

 

ルーズリーフバインダー

バインダーは、いいものを使いましょう。


なぜか?

テンション上がるじゃん。

 

 

それだけです。

 

なんだかんだでお気に入りの道具を使う方がメモは捗るんですよ。

 

 

おすすめはリングが低いタイプ。

 

リングが低いとバインダーに閉じたままでも書きやすいからです。

 

「さすがに革製は高い」と思うなら、せめて合皮で。

 

 

文具屋で普通に売っているプラのバインダーはおすすめしません。

 

テンション上がらないのです。

 

 

7冊くらい買ってみての結論です。

クリップ

コレ(ダブルクリップ)

コレ(ゼムクリップ)

メモとは少し違うのですが印刷したものを束ねるのに便利です。

 

 

 

コピーした資料+メモで一緒に挟んで置いたりします。

 

 

メモする時に調べ物もしたりするのであると便利。

 

 

サイズと量に注意。

 

 

ぶっちゃけ100均で十分です。

バインダー

バインダー+A4用紙 は場所を選ばずに使えて便利。



私の場合はオリジナルのスケジュール管理表を挟んで、常に作業進捗を記録しています。

 

バインダーが良いか、クリップボードが良いかは好みです。

 



レッツ、メモライフ

人によって好みがあると思うので、道具は好きにしてください。

 

こだわってお気に入りの組み合わせを探してみて下さい。

 

お気に入りが見つかると、めちゃくちゃメモがはかどります。

 

 

私の場合は消耗品は気楽に、気負わず使える道具で。

 

 

長期間使うバインダー等は少しお金をかけています。

 

もしやってみたい人がいたら好きな道具を揃えてみてね。



COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。