ストレス対策

「仕事がつらくて限界」「もう辞めたい」と思った時の転職はどうすればいい?

「仕事を辞めたい」

「毎日がつらい」

 

毎日、仕事の前に考えてはいませんか?

 

そんなことを考えてしまう人に質問です。

 

 

「もし、本気で転職をするのなら、どんな転職をしたら仕事のしんどさから抜け出せますか?」

 

 

確かに、転職をしたらひとまず今の環境からは抜け出せます。

 

しかし、転職した先でもしんどいことに出会うかもしれません。

 

 

仕事のしんどさによる転職を繰り返してしまわないためには戦略が必要です。

 

 

今回はつらい仕事から抜け出すことにフォーカスした転職戦略についてお話します。

 

つらい仕事を抜け出して転職先で繰り返さない。
そのうえで、しんどくならずに成果に繋がる働き方が出来たら嬉しいですよね。

 

「仕事を辞めるほどしんどくならない」かつ「キャリアアップに繋げる」ための転職についてお話していきます。

では、よろしくお願いします。



仕事がしんどい人の転職の基本戦略

転職をする時は転職の目的をはっきりとさせておきましょう。

 

「何故、自分は転職するのか?」を明確にしておくということです。

 

それは、キャリアアップを狙って転職をする人も、つらい仕事環境から脱出するために転職をする人も同じことです。

 

 

転職の目的が大切な理由は、転職の目的によってやり方や気をつけるべきポイントが変わってくるからです。

 

 

 

例えば、しんどい仕事から抜け出したい人の転職と今の仕事を踏み台にキャリアアップしたい人の転職では中身が違います。

 

 

しんどい仕事から抜け出したい人は、自分がつらくならずに続けられる仕事に転職出来ることが重要になってきます。

 

一方で今の仕事を踏み台にしてキャリアアップしたい人ならば今よりもハードワークになってでも、キャリアを引き上げる転職を重視します。

 

このように転職に求めることによって重視するポイントが変わってくるので「何のために転職しようとしているのか?」という転職の軸は1番初めに固めておきましょう。

 

段階的に考えるという選択肢

「転職の目的」や「転職の軸」を決める時に悩んでしまう方もいるかと思います。

 

特に仕事のしんどさを理由に転職する場合は給料などの条件を高くしづらいので、仕事の内容と待遇を天秤にかけて悩む人が多いかと思います。

 

どうしてもいくつかの条件の間で迷ってしまうようならば「段階的に考える」という選択肢も持ってみましょう。

 

「段階的に考える」というのは複数回の転職を前提にして転職の軸を考える、ということです。

 

目の前の転職に希望条件のすべてを求めずに今後の転職でステップアップすることも計画に入れて考えるやり方です。

 

 

仕事のつらさから抜け出すための転職だったのに、給料やその他の条件に釣られてしまって中途半端な転職をしてしまう人もいます。

 

そのような人は結局、転職先で再びつらい目に遭ってしまい転職を繰り返すことになります。

転職を段階的に考えることで目の前の転職で最優先にすべき内容をはっきりとさせやすくなります。

 

優先事項を絞った分、中途半端な転職になりづらく、より「転職の目的」に沿った転職がしやすくなります。

転職での優先度

「しんどい仕事から抜け出すための転職」で考えるべきポイントを優先順位をつけてお話していきます。

  • 無理せず続けられること。
  • スキルアップ・キャリアアップに繋がること。

では説明していきます。

 

無理せず続けられること。

「しんどい仕事から抜け出すための転職」のポイントは「きちんと続けられる仕事を選ぶこと」です。

 

資産家や事業家でない限りは60〜70歳までは働き続けるのが現代日本です。

 

そんな中で無計画に短期離職を繰り返すと働き口がどんどんと減っていくことになります。

 

まず最優先にすべきは「無理せずに続けられる仕事を選ぶこと」です。

 

仕事から受ける心身への負荷や収入面で破綻しないこと、といった日常を続ける最低限の条件が整っている仕事を最優先で選びましょう。

 

簡単なようですが、条件面や世間体を考えるとつい無理をしがちです。

 

理想は「ステップアップを狙ってもいいし、このまま勤め続けてもいい」という選択肢のある状態です。

 

まずは無理なく続けられる仕事を選ぶ。

そのうえで仕事を続けながら戦略的にステップアップを狙う、というように段階的に考えましょう。

 

スキルアップ・キャリアアップに繋がること。

「仕事のしんどさから抜け出すための転職」ではスキルアップやキャリアアップの優先度はやや下げてもOKです。

 

スキルアップやキャリアアップを狙う転職では転職後の負荷が上がりやすいものが多くあります?

「条件面やポジションが上がる、替わりに仕事はキツくなる」というのはイメージしやすいかと思います。

 

もちろんスキルアップやキャリアアップに繋がる仕事で、かつ続けられる仕事が見つかるに越したことはありません。

 

ただし、中途半端に条件に流されてしまうと元々の「しんどい仕事から抜け出す」という目的も達成出来なくなるので、優先度はつけておきましょう。

 

ちなみに心身への負荷は下がるのに待遇は上がる、という求人も存在します。

 

仕事量や責任は減っているのに、給料や福利厚生も上がる。

あるいは給料は維持だが、募集側も教育前提なのでスキルアップが狙えるという求人もあります。

 

そういう求人も存在はするので優先順位は大切にしながらも「スキルアップ・キャリアアップに繋がる」というポイントも一応、見ておくことをおすすめします。



適者生存を意識して仕事を選ぶ。

「仕事がつらくなって転職する」という人が心掛けるべきポイントは「適者生存」です。

「弱肉強食」ではありません。

 

適者生存とは環境に適した者が生き残るという生物進化の考え方です。

恐竜が滅んで小さなねずみのような哺乳類が生き残ったように、力の強い者が生き残るのではなく、環境に適した者が生き残る、という考え方です。

 

仕事選びも同じです。

 

仕事の内容や環境に適した人が生き残ります。

 

 

能力の高い人が活躍するのではなく、今いる環境で能力を発揮できる人が活躍します。

 

だからこそ、仕事がつらくなっている人の転職では、変えられない自分の個性を矯正しようとするのではなく。

変えられない個性を上手く使える環境を選ぶ。

 

変えられるところは変えられない個性を上手く使いこなすために変えていく、というスタンスが良いかと思います。

 

能力の過不足ではなく、自分と仕事のマッチングという視点で仕事を選ぶと転職後にもしんどくなりづらいので意識していきましょう。

では、また次回の記事でお会いしましょう。

RELATED POST