考え事

もう二度と訪れないかもしれない、住み慣れた街が教えてくれること。

どうも、うさみしんごです。

引っ越したことはありますか?

 

私は 18歳以降で6回引っ越しをしています。

13年で6回なので、なかなかのペースです。

 

いろいろ引っ越した割に、その土地のことを大して知らずに生きてきたな、という反省話です。



人生で行ける場所はどのくらいあるか?

例えば東京の人が大阪に観光に来るとします。

 

人生で一度も大阪に来ない人もいれば、来たとしても1回、2回の人も結構な人数いるわけです。

 

 

その1回や2回で行くところはどこでしょう?
行けるところはどこでしょう?

 

 

たぶんUSJに行って終わりか、行っても大阪城か新世界や吉本あたりに行って終わり、という感じなのではないでしょうか。

 

 

2日の旅行なら初日に大阪、2日目に京都を回っておしまい、という感じでしょう。

 

 

大阪には他にも有名どころのスポットはいっぱいあるし、関西圏の観光スポットだけでも山のようにあるんですよ。

 

 

それに「知る人ぞ知る」とか「地元の名店」みたいなのを加えたら、もう数え切れません。

 

 

地元民でも周り切れないですし、観光で来た人なんて片手で足りるくらいの数の目立つスポットを回って終わりです。

 

 

そう考えたら人生で行ける場所や、出会えるものって意外と限られているんですよね。

 

普段はあまり考えませんが。

捨ててしまったチャンス。

引っ越す直前になるとこんなふうに思うかもしれません。

 

「もっといろんな場所に行けたんだろうな」と。

 

 

引っ越しが決まってから「最後だから」とお出かけしようとすると、行けていなかった場所がたくさんあることに気付きます。

 

 

美味しいお店。
珍しい場所。
景色が綺麗と評判な場所。

 

 

きっと引っ越した後に、観光や用事で赴くことはないであろう場所。

 

 

でも「行ってみたいな」と惹かれる場所。

 

 

そういうところって意外と多くあるのです。

 

 

そう、読んで字の如く自分の”意”識の”外”にたくさんあるんですよね。

 

 

行くチャンスはいくらでもあったはずなのに行かなかった場所です。

 

 

週末にいつものチェーン店で食事をするくらいなら、そのうちの何回かでも足を伸ばせば行けた場所です。

 

家でダラダラスマホを触っていた時間で行けた場所です。

 

 

帰り道を少し変えたら出会えた場所もあるかもしれません。

 

意識せずに日々の中で捨ててきた出会いのチャンスに気がつくのは、出会いのチャンスを失う時なんです。

 



住んでいる場所を楽しもう。

住んでいる場所を意識して、楽しむ。

 

何があるのか。
楽しそうなものはないか。
珍しいものはないか。

 

日常生活の中で意識して注意を向ける機会を増やせば、もっと生活は楽しくなると思うのです。

 

 

最近はブログでなんでもネタにしようとして、意識を向けるものが増えました。

 

 

すると、思いの外ワクワクする機会が増えたんです。

 

引っ越しするたびに感じていない反省とも重なるので記事にしてみました。

 

ではー。