キャリアアップ

上に行く人といけない人の違い。コミュ力の意味が違った。

こんにちは、うさみしんごです。

 

 

社会人に求められる力を10個あげてみてください。

 

はい、どうぞ。

 

 

 

 

 

 

あげましたか?

 

たぶん、コミュニケーション能力が入ってますよね?

 

 

今回は「コミュ力」についてのお話です。

 

 

上に行く人とそうでない人では、持っている「コミュ力」の中身が違うよね、という話です。



上にいけない人のコミュ力

上にいけない人のコミュ力は、一般的なコミュニケーション能力です。

 

中身は意思や情報をスムーズにやりとりできるための能力です。

  • 社内で仕事を受ける。
  • 上司に報告する。
  • 関係者に依頼をする。
  • ちょっとした雑談で関係を作る。

 

 

とか、そんな感じです。

 

 

与えられた仕事や立場をそつなくこなすために、他者と意思疎通や情報伝達が滞りなく出来る、という能力です。

 

 

社会で生きていくために必要な能力ではありますが、ここで終わっている人は上にはいけません。

 

年功序列の場合は除く。

上にいく人のコミュ力

上に行く人のコミュ力は、コミュニティ能力と言ってもいいようなものです。

 

他人と意思疎通をするとか、情報を伝達するとか。

そういうことではないんです。

 

 

目的達成のために集団形成が出来る、集団を動かすことが出来る、という感じ。

 

 

要するに自分の必要に応じて共同体を作って、運営したり影響力を作れる力が必要なんです。

 

 

実際に会社で周りを見てみたら気づくと思います。

 

 

上にいる人は与えられた立場や仕事を素晴らしいコミュニケーション能力でスムーズに回せる人ではなく。

 

 

必要に応じで会社や客のお偉いさんにも取り入ることが出来、自分がやりたいことのために人脈やグループを作り出せる人だと。



言い方を変えたら使うか、使われるか。

成果のために、必要なグループを自分で作る。

今なければ、一からでも作って動かす。

 

 

そういう人が組織で上に上がっていく人です。

 

ついでに言えば組織から出て行って、自分の城を持つタイプです。

 

 

結局、誰かの都合の下でお伺いを立てて使われるのではなく、自分発信で他人を使いながら事を進めていける「使う力」が必要なんですよね。

あなたのコミュ力はどっち?

というわけで、社会ではコミュ力、コミュ力とうるさいのに「場合によっては必要な力は違くない?」という疑問があったのでネタにしてみました。

 

あなたのコミュ力はコミュニケーション能力ですか?コミュニティ能力ですか?

 

そんな質問だけして終わりにします。



RELATED POST