キャリアアップ

独学でモチベーションを保つ方法【偏差値36から独学で受験した話】





「独りで学ぶ」と書いて独学。

うさみ
うさみ
どうも。ひとりぼっちの受験生だった、うさみです。

独学ってしんどいですよね。
勉強のやり方がわからなくなったり、モチベーションを一人で維持したり。

今回は私の受験期を振り返りながら「独学のモチベーション維持」についてお話ししようと思います。



こんな受験生でした。

とりあえず参考までに当時の状況です。

  • 高3 春で偏差値36
  • 偏差値30台の非普通科高校 就職コースに在籍
  • 一学年150人で大学受験(一般日程)を受けたのは2人
  • リアルの受験生友達0
  • 塾なし
  • 受験費用のためにバイト

 

「非普通科の就職コース × 低偏差値高校」だったので、独学が必要な科目はたくさんありました。

というか、受験においては全科目です。

普通科で習う科目でも「そもそも履修していない」ものも多くあります。

履修していても教科書の範囲は授業では終わりません。

英語で言えば「ABCのお勉強」から始まるレベルの高校だったので、受験レベルの勉強を授業では行いません。

と、いうわけで上記の環境から塾なし・独学で勉強を開始しました。

うさみ
うさみ
自分で言うけど、割とハードモード……

独学でモチベーションを保った方法

進捗感を得られる仕組み

独学でしんどかったポイントの1つが「進んでいる感覚が薄い」というものでした。

自分1人だと比較対象がいません。
導いてくれる人もいないので「自分がどのくらいのレベルにいるのか」がわからなくなりやすいです。

もっと言えば「自分が何をしているのか」がわからなくなることさえあります。

実体験として良かった対策は「不安なことを可視化すること」でした。

例えば

  • 定期的に模試を受ける
  • 勉強したことの記録をつける
  • マス目ノートを勉強した分だけ塗り潰す

など。

定期的な模試は自分が受験生の中で「どのくらいの位置にいるのか」を把握するためには、やはり有効です。

勉強の記録を取ることもオススメです。
後から読み返すと進んでいることが、よくわかります。

「3ヶ月前の自分がbe動詞の勉強をしていたのに今は多少の長文なら読める」とか、かなり進歩を感じられました。

また勉強の時間をマス目ノートで塗り潰すとゲーム感覚で勉強時間を増やしていくこともできました。

うさみ
うさみ
vs 先週の自分、的な。

WEBのコミュニティ

リアルで勉強仲間がいないのであれば、WEBのコミュニティで勉強仲間を作ることをオススメします。

特に目標が同じ仲間を作りましょう。

私が大学受験をしていた頃はモバゲーのコミュニティを活用して言いました。
イメージとしては今のTwitterと掲示板の間のような感じでした。

サークルというコミュニティがありWEBを介して受験生と交流ができました。

他の受験生と交流できるか、どうかは本当に大きな差になると思います。

励まし合いだけでなく「こいつには負けない」というライバル意識もモチベーションを高めてくれます。

自分の勉強量や成績を公開することで「怠けられない」「勉強しないとカッコがつかない」とも感じられます。

今はTwitterやスタディープラス等のSNSが充実しているので、勉強仲間は是非作りましょう。

強い感情と習慣を使い分ける

最後に少しブラックな話をします。

質問です。
「あなたが独学で勉強する理由は何でしょうか?」

学校に通って、整った環境で勉強すれば効率的じゃないですか。

なのに、何故あえて独学でするのですか?

学校に通うのはお金が掛かるからですか?
時間を取ることが難しいからですか?
教われる誰かが周りにいないからですか?
誰かが反対するからですか?

「たかだか」勉強する環境も用意できないんですか?

「恵まれた環境で着々と勉強している人もいるのに、何故独学しなければならないのでしょうか?」

はい。
気を悪くしたらごめんなさい。
かなり煽ってますが何かドス黒いものを感じませんでしたか?

環境によると思うのですが「独学をせざるを得ない人」には「それなりの理由」がある人もいるのではないかと思います。

例えば

  • 一般的には恵まれない境遇。
  • 強いコンプレックス。

など。

「何故、自分ばかりが」と周りが怨めしく思えたり。
不自由なく学んでいる人に嫉妬や憎しみのような感情を抱いたり。

そのような感情はないでしょうか?

私はよく思いました。

勉強不足は自己責任ですが「勉強したい」を叶えるために倒れるまでアルバイトしていたので、のほほんと「テキトーな大学に行けばいいや」と言っている層を本気で妬んでいました。

経験しているからこそ「強い感情は武器になる」と言い切ります。

 

憎しみや嫉妬、コンプレックスから来る劣等感でも構いません。

感情は「ここぞ」という時に強烈なアクセルになります。

ただ、効果が強いだけに常には使えません。
ずっと感情を掻き立てて臨んでいると擦り切れます。

だからこそ、平常時はコツコツと習慣的に積み重ねて。
要所要所で感情を使ってブーストするとモチベーションを維持しながら独学を継続できます。



まとめ

モチベーション維持のポイント

  • 前に進んでいる感覚
  • 目標が同じコミュニティに属する
  • 感情をアクセルにする

あれこれと書きましたが、独学って好き好んでやるようなものでもないんだと思います。

趣味や教養として余裕のある状態でする独学は別ですが。

資格や進学に独学で臨まなければ「ならない」のであって、あえて独学を「選んだ」人は少ないと思います。

誰だって整った環境で学びたいでしょう?

独学せざるを得ない立場もわかるからこそ、独学する人を応援したかったんです。

私にできるのは精々、体験を伝える程度なので記事としてまとめてみました。

大変だと思いますが、適度に無理して頑張りましょう。

では、また次回。