キャリアアップ

【人と話せない悩み対策】コミュニケーションをラクにする2つのポイント

うさみ
うさみ
どうも、うさみです。

今回の記事は「コミュニケーションを苦手に感じる人」向けの記事です。

 

他人と話す時に

「何を話していいのかわからない」
「こんな話をしていいのか」

と感じることはありませんか?

私はめちゃくちゃあります。

コミュ障で内向的な自信がありますので。

 

今回の記事は「会話がラクになる考え方」をテーマにまとめていきます。

コミュ障で内向的な私が実践しながら感じた内容です。
実践した結果、コミュニケーションが改善してブラック中小企業からホワイト大手企業に転職することもできました。

会話が苦手な人向けの考え方

私のことでもあるのですが「会話が苦手」という人はこんなことを感じます。

  • 「何を話したらいいのかわからない」
  • 「こんなことを言ったら変に思われる」

そして、相手に合わせて話をしようとします。

しかし、相手に合わせた話題についていけなくなって、どんどんと話せなくなっていくという事態になります。

更には話の間が開くと「相手に退屈させている」と感じて、また自分が返せないような話題を相手に振ってしまいます。

 

もう、完全にループしています。

うさみ
うさみ
思い出すだけで胃が痛い……。

今回はできるだけ無理をせずに「会話をラクにする」ためのポイントからお話します。

大切なポイントは2つ

  • 自分はどんな人かをはっきりさせる
  • 一貫性を意識する

→自分はどんな人かをはっきりさせる

言い換えると「明確な自分像を相手に認識させる」という事です。

やるべき理由は2つあります。

  • 相手が会話を予測しやすくなる。
  • 自分が得意な分野で話しやすくする。

 

会話が苦手な人は自分のことを話すのも苦手な傾向にあります。

何故なら「相手に変なやつと思われたくない」とか「相手が白ける話題で話してはいけない」と考えてしまうからです。

そして、先述の通り話の間を恐れて「相手は話せるが自分にはついて行けない」という領域の話題を相手に振ってしまい会話に詰まります。

 

↓相手からみるとこんな感じの印象です↓

  • 単発の受け答えだけで会話にならない。
  • どういう人なのかわからないから話題に困る。
  • 話が弾まないのだから無理に話さなくてもいい。

 

実は相手も「どういう話をしたらいいのかわからない」状態になっているんです。

なので、「自がどんな人物なのか」をはっきりさせるだけでもかなり会話がラクになります。

相手もどんな話を振ったらいいのか、など会話のヒントを得られるので気まずい時間も減らしやすくなります。

→一貫性を意識する

有名な社会心理学の著書「影響力の武器」でも触れられたりしていますが。

人には「一貫性のある相手を好ましく感じる」という性質があります。

考えや意見が一貫している人はどんな行動をとるかを予想しやすく、自分が裏切られるリスクも低い相手です。

そして、社会的には人格者に見られやすい特徴でもあります。

コミュニケーションでもコロコロと意見や考えを変える「よくわからないやつ」よりも考えがはっきりして「一貫している人」の方が好印象になりやすかったりします。

頑なになる必要はないのですが、必要以上に相手に合わせて態度を変えることはおすすめできません。

どうしても気になる時は

あれこれと書いてはみましたが「やっぱり相手に変に思われないか気になって話ができない」という人もいるかと思います。

そこでもう少しだけ掘り下げて「自分を出して話す方法」をまとめてみます。

会話に悩んでいる人のヒントになればうれしいです。

紙に書いて客観視

もやもやしていることを紙に書き出すと自分のことを客観視しやすくなります。

私が実践した中でコミュニケーションの準備として役に立ったことをリストにしておきます。

  • 自分の立場は?
  • 自分を特徴づけるものは?
  • 何が好き?
  • 何が得意?
  • 趣味は?
  • 苦手意識を感じずに話せるものは何?
  • 「これだけはわかって欲しい」ものは何?

「よくわからないやつ」よりも「変なやつ」の方がいい

相手から見て「特徴がない人」よりも「個性のある人」の方がコミュニケーションをとりやすかったりします。

男子校でアニメオタクとパチンコ通いのヤンキーがエヴァンゲリオンの話題で仲良くなる、の様なイメージです。

相手にドン引きさせない程度に気をつけては欲しいのですが、少しくらい「へんなやつ」と思われても「この人は○○の人」と相手に自分の印象を残せた方がコミュニケーションでは有利に働きます。

完璧な人なんていない

コミュニケーションが上手な人は確かにいます。

ですが、常にコミュニケーションの相手にとって100%理想的なコミュニケーションを取れる人なんていません。

常に自分が「相手の理想の会話相手」になる必要はない、と意識してみると会話のハードルが多少は下がるかもしれません。

まとめ

  • 会話が苦手な人は相手に合わせ過ぎている。
  • 相手に合わせ過ぎると自分の特徴がなくなる。
  • コミュニケーションではわかりやすい特徴がある人の方が有利。
  • 考えが一貫していると好印象。

結局、言いたかったことは

無個性で何を考えているかわからない人よりも個性的で特徴がある人の方がコミュニケーションでは有利になる。

多少「へんなやつ」と思われようが自分の特徴を相手に認識させる方がコミュニケーションでは有利。

ということです。

私もコミュ障なので随分と難儀してきました。
悩んであれこれ試して成功も失敗もありました。

だからこそ言いたいことは「自信がなくとも自分を表に出していいんだよ」ということです。

もし、コミュニケーションに悩む人のヒントにでもなればいいな、と思います。

では、また次回!